GKスクールをお探しなら、TKDゴールキーパーアカデミー/スクール概要

初めての方へ
アカデミートップページ
どんなGKスクールですか
GKスクール3つの柱
コーチ・プロフィール
無料体験会
通い型GKキャンプ
TKDGKアカデミーのご案内
落合南長崎校
豊洲校
相模原校
アウパ加賀校
フットサラ町田校
各種スクール
ラジオキーパー
ヨコハマGKスクール
TKDGK塾
ファミキー
GKキャンプ 
GK講習会
その他
株式会社アレナトーレ
ボンフィンフットボールパーク
アウパ加賀
フットサラ町田


東京都豊島区、江東区にあるゴールキーパースクール/TKDGKアカデミー/東京・GKスクール


『キーパーを教えてもらえる場所がない・・・。』と、お悩みのお父さん、お母さん。



と、考えたことはありませんか?

もしかすると、子供の可能性を、自らの手で摘んでいるのかもしれません・・・。



そんなことはありません。

ミスをしたことよりも、【なぜ、ミスをしてしまったのか?】を気づかせることが大切です。
そして、誰よりもゴールキーパーが『ダイスキ!』という気持ち、ゴールキーパーというポジションに「誇り」をもってゴールマウスに立つことが何より重要だと私は考えています。


ゴールキーパーに必要なことは技術と気持ち/東京・GKスクール

背が大きくてもハイボールの失点することもありますし、背が小さくても世界や日本で活躍しているGKは大勢います。大切なのは、ジュニア年代、ゴールキーパー指導導入期の「反復した技術練習」になります。

技術練習はカラダで覚えるものだけではなく、「なぜそのプレーをするべきなのか?」、「どうしたらうまくできるのか」アタマを使って考える必要があります。頭で理解してプレーできることは身体の成長が追いつけば大きな武器に変わります。

そして「最後まであきらめない気持ち」。これは、たとえキャッチミスしても、失点しても、「積極的」にトライできていれば、次は成功するかもしれません。そうやって何度もトライ&エラーを繰り返しゴールキーパーは必ず、上達していきます。そこから「ゴールを守る自信」、「守ることを託された責任感」、「リーダーシップ」と、カラダもココロもゴールキーパーになれるように育成していきます。


ゴールキーパーの土台を大切にしています。/東京・GKスクール

小学生〜中学生は「ゴールキーパー指導の導入期」といわれています。この年代の選手たちに必要なことは、フィールドプレーヤー同様にゴールキーパーの指導を徐々に導入していく年代といわれています。この年代にゴールキーパーの基礎、「土台」をしっかり作ってあげることで、中学、高校、大人とレベルが上がっていくときに、より確実にゴールキーパーの技術や戦術が発揮できるのです。

ゴールキーパーの「土台」を作るために、GKトレーニングやプログラムは、選手経験や指導経験だけに頼ることなく、日本サッカー協会のGK養成プロジェクト一環指導の理論を基づいて、段階をふまえたゴールキーパーの技術もフィールドプレーの技術も取り入れたトレーニングメニューを行っております。

これからのゴールキーパーに正しい知識と技術を身につけてほしいといつも考えています。